BLOG

ホワイトデー、なぜ「ホワイト」?

今日はなんの日

3月14日「ホワイトデー」です!

こんにちは!Office MYCインターン生です。

3月も中旬、今日はホワイトデーです。

 

日本中で、マカロンやクッキーのようなお菓子や、指輪やネックレスなどのアクセサリーをプレゼントする方もいるかもしれませんね(^-^)

 

ところで、私には小さいことからずっと疑問に思っていたことがあります。

「ホワイトデーの『ホワイト』って何のこと?」ということです。

一体何がホワイトなのでしょうか。その起源はどこから来ているのでしょうか。

 

 

ホワイトデーとは?

ホワイトデーは、バレンタインデーにプレゼントをもらった男性が、そのお返しとしてキャンディーやクッキー、マシュマロなどのお菓子を女性に渡す日とされています。

 

実はこのイベントは日本で生まれたもの。バレンタインデーの本場である欧米にはこの習慣はありません!

このホワイトデーが韓国や中国、台湾に広がり、それに類似した記念日も生まれています。

 

元祖はどこ?

ホワイトデーの起源は諸説あると言われています。

 

その中でも有力なのが、福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」。この石村萬盛堂がお返し用のマシュマロを発売しました。そこから全国でホワイトデー用の商品を売り出すようになったとされています。

 

また、全国飴菓子工業協同組合によると、英語辞書でホワイトをひくと、シュガーやスイートの意味も有していました。そこからシュガーをひいてみるとキャンディー(菓子)と書かれていたため、ホワイト=キャンディー、スイートラブ(純愛)=ホワイトラブと、ホワイトデーをキャンディーを贈る日という語呂合わせを生み出した、と当時のホワイトデーの仕掛人が語っています。(全国飴菓子工業協同組合HP

 

 

当たり前にある記念日にも、意外なウラ話があることに驚きました!

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © 2017 HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.